【厳選】独学でも理解できる無料の英語学習サイト7選

【厳選】独学でも理解できる無料の英語学習サイト7選

【厳選】独学でも理解できる無料の英語学習サイト7選

基本無料で提供されていて独学でも理解できるサービスをご紹介します。
これらのサイトのおかげで今まで挫折しがちだったわたしも英語学習を5ヶ月継続できています。(2019年7月現在)
あなたの英語学習にもぜひ取り入れてみてください。

文法を基礎から学べるサイトをご紹介

まずは何よりも文法が大事です。
文法を学ぶことは英語学習の一番の近道です。
まわり道してもやはり文法にたどりつく、文法を学ぶことは英語学習の一番の近道です。
そう断言しましょう。
最近では、文法よりも会話を重視すべきだ、という意見があります。
でも、それは絵のついていないパズルを組み合わせるようなものです。
宇宙飛行士が使う白いパズルのような。
それでは、対象者別のおすすめサイトをご紹介していきましょう。
  • 初級者~中級者:まったくの初心者の方や英語をやり直している方向け
  • 上級者:1ランク上を目指す方向け
中学~高校レベルまでいっきに駆け抜けましょう!



[1] Try ITの高校英語講座

対象:初級

家庭教師のトライによる無料の映像講座です。
スマホでもパソコンでも見ることができます。
講師は木村智光さんです。先生はかなり良いキャラしてます。
家にいながら、ふつうに授業を受けているような感覚で英語を学ぶことができます。
字を読んでいると眠くなってしまう方におすすめです。
YouTubeは再生リストが作られているので見やすいですよ。
Try ITの公式サイトでも見れますが、若干見づらいです。
ですが、無料会員登録をすると、授業で使うテキストとチェック用紙・解答がダウンロードできるので、これがほしい方はTry ITの公式サイトで会員登録してみるのもありだと思います。
1つ1つの授業は10分程度ですが、現在形とか時制のところだけでも約30本あり、かなり詳しく掘り下げて説明してくれています。
全部見る場合はかなりの時間がかかります。
仮定法?なんだっけなそれ?という感じで、思い出せないところだけ見るのが良いでしょう。
ちなみに、わたしはメモを取りながら全て見終わるまでに1ヶ月かかりました。
かなりの根気がいります。挫折しかけたけど頑張りました。
あまりおすすすめはしませんが、全部見ると世界が変わるかもしれません。

[2] 英語喫茶 English cafe

対象:初級~中級

1日ごとに決められたコースを進めていきます。
レッスンの終わりに小テストで確認ができ、記憶が定着しやすくなります。
PCではオンラインテストのような感覚でテスト形式で正否を判断してくれますが、スマホは非対応のためテキストの表示のみとなります。
わたしは寝る前にスマホで見ながら眠りにつくことを習慣にしていました。
寝る前に復習しておくと、寝ている間に記憶を整理してくれるのでかなり良いです。
また、サイト内の英語学習の豆知識には英語学習に役立つ豆知識が載っていて、こちらを読むのも面白いです。
文法の理解に詰まったら英語文法の解説を読むと解決するかもしれません。

[3] Eigo Love 英文法一覧

対象:初級~中級

5文型から始まる文法の講義です。
品詞や節・句・文など理解しておきたい項目についても詳しく説明してくれています。
例文がたくさん掲載されていて、TOEIC用の英単語にも対応しています。

[4] 英文法大全

対象:上級

翻訳家や難関大学受験生向けというだけあって、かなり詳細に説明されています。
サイト内の「英文和訳・和文英訳の要点」のリンクを先にご覧になってから進めていくのがおすすめです。
1~6までの項目でやや翻訳家向けに書かれている感じですが、英語との向き合い方が書かれていて参考になります。

英単語を学べるサイトをご紹介

英単語は学生の皆さんやTOEICを受験される方にとっては暗記が必要になります。
これはわたしの意見にすぎませんが、単語を暗記することが好きな方はあまり多くないように感じます。
これから長い期間をかけて学んでいく大人の皆さんにおいては、基本的な単語の意味を知っていれば、あとは出会う文章のなかで覚えていくようにすれば良いのではないでしょうか。
とは言っても、参考になるサイトは本当にたくさんあります。
暗記目線ではなく、以下の点に焦点をあてて選びました。
  1. 現状の英単語レベルの把握
  2. 意味の違いを理解する
  3. 同じカテゴリの単語はどんなものがあるのかを知る
  4. 実際に英単語を使う時の形を知る



[1] アルクの英単語力診断テスト

対象:初級

AからDまでの4セットのテストです。
各セットに20問の4択問題で、出題形式は固定のようです。
診断結果ではおおよその単語力レベルを教えてくれます。
出題の後半の方は日常会話に出てくる単語はあまりないような印象ですので、間違っていても落ち込むことはありません。
一応答え合わせをしておきましょう。
学習を継続して時々診断テストを受けると自分の単語レベルを把握できて良いと思います。

[2] Eigo Love 類語で覚える英単語

対象:中級

文法編でもでてきた「Eigo Love」のコンテンツのひとつです。
類語つまり同義語となる英単語の違いを理解することができます。
例えば、「学習(勉強)する」という意味を持つ英単語は複数あります。
study, learn, または master など、その違いを明確にイメージできるでしょうか?
それらの使い分けのポイント・ニュアンスを細かく説明しているのがこちらのサイトです。
ネイティブのチェックも入っているとのことなので、かなり役立つのではないでしょうか。

[3] Eigo Love カテゴリ別で覚える英単語

対象:中級

もう一つ「Eigo Love」のコンテンツです。
物事は関連づくと記憶が定着しやすくなると言われています。
英単語がカテゴリ別で掲載されているこちらのサイトはかなり理にかなっていると思います。

[4] ネイティブ英語のススメ

対象:上級

元同時通訳者である宮本大平さんによって運営されています。
サイトのタイトル通り、本気で目指すのならネイティブレベルの英語ということで、実用的に使う英単語のカタマリで掲載されています。
わたしは無料メルマガを登録しているのですが、映像や音声コンテンツにてかなり本質に近いことを話されているのでとても参考になります。
価値のあるメルマガだと思っています。



ネイティブの感覚を学べるサイトをご紹介

辞書通りの意味ではないネイティブの感覚であったり、ネイティブの間でよく使われる表現であったりというものは、実際にネイティブと話してみないと実感することは難しいと思います。
既存のリスニング用音声はとても聞こえやすくきれいな文章が収録されていることが多かったと思います。
しかし、実際の会話には、相づちが含まれます。
「あのー」とか「ええと」などという前置きや、相手の話に共感して「そうだね」「わかる!」「確かにね」のようなものです。
英語にもそのような表現があります。
リアルな会話を実感できるサイトをご紹介します。

[1] Hapa英会話

対象:上級

アメリカと日本のハーフであるジュン・セニサックさんによって運営されています。
ジュンさんは、わたしと同い年ということに驚きました。

Hapa英会話の特徴はなんと言っても「ネイティブの生の英会話」を聴けるところ。

ネイティブの感覚というのは、実際に会って話してみないとわからない部分が多いので、ありがたすぎますね。
会話の中に相づち(um など)が入っているので、聞き取りにくいところもあり、リアルだな〜と感じます。

ネイティブの会話部分の和訳は有料なんですが、会話の要約と解説は音声やサイト上に載っているので無料でも理解できるようになっています。

人気コンテンツはやはり、Podcastです。
ネイティヴの生の英会話以外にもインタビュー企画もあって人気です。

登場するゲストは「英語を話せるようになった日本人」、「マルチリンガル」、「バイリンガル」など様々。なかやまきんに君も出演しています。

インタビューを聴いていて、本当に皆さんの努力が半端ないなと思います。
英語のモチベーションアップにグッと効いてきますね。

Podcastはディクテーション用にもおすすめです。
(ディクテーションとは聞こえてきた音を文字に書き取る練習方法です。)

わたしは普通のディクテーションを少し改良した方法で練習しています。
そのやり方は後日アップしたいと思います。

 
最後まで読んでいただきありがとうございました!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

英語

Posted by えどがわ