【注目アイテム特集】ルビーチョコレートってどんな味?バレンタインにオススメのチョコ

アップ コントワール・ドゥ・カカオ グルメバー ルビー チョコレート

【注目アイテム特集】ルビーチョコレートってどんな味?バレンタインにオススメのチョコ

注目アイテム特集と題して、「ルビーチョコレート」をご紹介したいと思います。

バレンタインの時期なので、特別なチョコを誰かに贈りたい方にはオススメ

わたしが、初めてこのチョコの名前を聞いたのは、ワールドビジネスサテライト(WBS)というテレビ番組の特集を見たときです。

ちまたでも話題になって、食べてみたいなぁと思いつつ、約1年余り経過…

今年こそ購入したいと思っていました。

2018年から発売しているようなので、すでに食べた方もいるかも知れません。

そもそも、ルビーチョコレートとはなんでしょうか?

実際のところ、わたしもそこまで詳しくは知らなかったので、調べてみました。

[第四世代]チョコレートの種類として

チョコレートの種類には「ダーク」「ミルク」「ホワイト」があります。

「ホワイト」の登場からおよそ80年。

それに次ぐ第4のチョコレートと言われるのが、「ルビーチョコレート」です。

“ルビー“のような赤い色が特徴のため、ルビーチョコレートと名付けられているそうです。

1世代前のホワイトチョコは、今では定番のチョコレートとなっているので、新しいカテゴリーとしてルビーチョコが定着したらすごいですね。

そもそも「ルビーチョコレート」って何?

ルビーチョコレートとは、スイスのチョコレート製造メーカーのバリー・カレボー社(Barry Callebaut)が開発したチョコレートです。

元々はベルギーとフランスの会社が合併して設立された会社であり、スイス、チューリッヒが拠点とのこと。

ベルギーとか、フランスとか、チョコレートが美味しそうなイメージしかないですね 笑

そんなバリー・カレボー社が、100年以上にわたるカカオ豆やチョコレートの知識とカカオの選別・加工技術などを駆使し、およそ10年の歳月をかけて生み出したもの

それが、「ルビーチョコレート」です。

「でも、ピンク色のチョコレートってすでにあるじゃない?」と思う方がいるかもしれません。

ですが、今までの色付きチョコレートはホワイトチョコレートを着色したものだと言われています。

一方で、ルビーチョコレートは“ルビーカカオ豆”という豆を使用し、カカオの赤みだけを抽出した天然のピンク色をしています。

味はベリーのような風味が特徴なのだそう。

着色料もフルーツのフレーバーなども使用していないということで、とても驚きですね。

ルビーチョコレートを初めて購入してみた

ルビーチョコレートは、「KALDI」と「PLAZA」で見かけましたが、迷った結果「PLAZA」で購入しました。

コントワール・ドゥ・カカオ グルメバー ルビー チョコレート

コントワール・ドゥ・カカオ(Comptoir du Cacao) グルメバー ルビー チョコレート 原産国名:フランス
値段は¥698(税込)です。

「ラズベリー」「ストロベリー」「ブルーベリー」「ハート」の4種類ありましたが、「ラズベリー」を選びました。

可愛くて美味しそうなので、どれも欲しくなってしまう。

ルビーチョコレートのお味は?

それでは、ルビーチョコレートを実食してみます。

どんな味なのかワクワク。

食べるのがもったいないくらいかわいい……けど、豪快に割ってしまおう。

食べてみた感想、一言で言うと、「そんなに甘くない」です。

色的に、よくあるあまいストロベリー味のチョコレートを想像していました。

「後味がスッキリしている」とも感じました。

(チョコレートを食べたあとの喉に残る感じがない)

これなら甘いものがあまり好きでない方にもおススメできます。

板チョコの形をしていて、1枚で700円くらいのお値段なので、若干割高に感じますが、フランス産のチョコレートなので致し方なし、ですかね。

プレゼント用なら安いかも?

甘すぎないというか、どちらかというと酸味がある風味なので、ビターと並んで男性向けのプレゼントにオススメなのでは?

(甘党男子もいますけどね)

ルビーチョコは特別感があるチョコレートなので、本命の相手に贈るのが良さそうです。

あとは、自分用で1年に一度のご褒美チョコにも良いかなぁと思います。

見た目がかわいいので、おしゃれな友人へのプレゼントにも良いかもしれません。

「PLAZA」では、この時期限定のラッピングなんかもありました。

甘すぎないのでどんどん食が進み、家族であっという間に完食、ごちそうさまでした!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。