子宮内膜症(チョコレート嚢胞)の治療は手術か治療薬か?

2019-12-23

子宮内膜症(チョコレート嚢胞)の治療は手術か治療薬か?

子宮内膜症(チョコレート嚢胞)の治療は手術か治療薬か?

こんばんは、えどがわです。

現在、わたしは子宮内膜症(チョコレート嚢胞)という病気の治療中なのですが、どんな病気かと言うと卵巣にデキモノができた状態になります。

治療方針としては、以下のやり方があるそうです。

1
手術で嚢胞を取り除く
2
薬で嚢胞を小さくする
3
(嚢胞が小さい場合)様子をみて、定期検診を受ける

今回は、「2.薬で嚢胞を小さくする」方針になりました、というお話になります。

その薬の名前は「ジエノゲスト」です。

手術 or 内服治療

結論としては、薬で治療することになったのですが、そこに至るまでのやり取りを残しておきます。

病気が発覚した婦人科では、手術を強く勧められ紹介状を書いてもらいました。

紹介状の宛先には、大学病院の先生の名前を書いてもらっていましたが、あとでもう一度病院の評判を調べた結果、不安を感じました。

再考の末、少し遠い場所にある病院の先生にお願いすることにしました。

参考:病院で書いてもらう紹介状の宛先と違う病院へ行っても大丈夫?
【知っておきたい病院まめ知識】病院で書いてもらう紹介状の宛先と違う病院へ行っても大丈夫?

12月の上旬頃に、内視鏡手術ができる病院を尋ねました。

すでに覚悟は決まっていたので不安はありません。

しか〜し、手術の相談に行ってみると、いきなり手術ではなくまずは薬で治療をしましょうというものでした。

一瞬あっけにとられたような感じがしましたが、すぐには手術を勧めない理由を聞いて納得しました。

わたしの場合、嚢胞と臓器との癒着がひどいらしく、今すぐに手術してしまうとすごく難しい手術になり、合併症のリスクも大きいということです。

薬(ジエノゲスト)の服用の仕方

ということで、ジエノゲストでの内服治療が開始しました。

お薬の名前
ジエノゲスト 1mg 「MOCHIDA」
1日に2回(朝・晩)

服用開始タイミング
月経(生理)がきてから2日目に服用開始です。

2日目という考え方は、厳密に言うと24時間経過してからなのか?
初日を1日目として2日目になればそれで良いのか?

「月経がきた日を1日目と数える」
あるサイトでそのように書かれていましたが、2日目の基準について詳しくは書いてありませんでした。(考えすぎ?)

先生とは「生理が始まってから、飲むのが1日とか2日遅くなっても良いよ」という話をしていたのは覚えています。
早すぎるのは良くないのかな?とか、色々聞いておけば良かったのですが…うっかり。

結局は、月経開始から18時間後に最初のジエノゲストを飲んだことになります。

薬(ジエノゲスト)の副作用について

この薬には副作用報告が結構あり、ひどい症状はうつ病、不正出血、貧血など、体調不良の出方は人によって様々なのだそうです。

わたしもどうなるのかちょっと心配でしたけど、目立った副作用はないようです。

ただ、飲んだ後30分くらい経ってから、若干寒気がするのは気のせいかな?

少し声が枯れているかな?

耳鳴りはこんなにしていたかな?

いろいろと思うことはありますが、あまり気にしすぎずに嚢胞が小さくなるような気持ちで、経過を見守りたいと思います。

先月は毎日ずっとお腹が痛い状態が続いていたのが嘘のように、

現在はお腹の痛みは時々しかありませんし、処方されたロキソニンを飲めばよく効いてくれます。

子宮内膜症の薬(ジエノゲスト)ともうひとつの対策のおかげです。

もうひとつの対策についてはまた次回!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

健康

Posted by えどがわ