Atermルータの便利設定

Atermルータの便利設定

Atermルータを一度設定してしまえば、ほとんど操作する機会はないと思いますが、実は便利な設定やセキュリティを向上させる設定があります。

たくさんの機能がありますが、重要な3つをご紹介します。

(1) ルータのスケジュール設定機能

トップページ > 無線LAN設定 > スケジュール設定

かんたんWEBの説明文には、「無線機能の停止時間帯をスケジュール設定します。無線を使用しないときは無線機能を停止することで消費電力を抑えることができます。」とあります。

ルータは24時間ずっとつけっぱなしにしていると、結構熱くなっています。

寝ている間に動いているのはエコじゃない、ということで使わない時間帯を設定しておきましょう。

平日/休日/各曜日で選べて、3つまでパターンを登録可能です。

(2) MACアドレスフィルタリング

MACアドレスの登録

トップページ > 無線LAN設定 > MACアドレスフィルタリング

MACアドレスフィルタリングのON/OFF

トップページ > 無線LAN設定 > 無線LAN設定

端末ごとのMACを登録して、登録されていない端末からはアクセスができないようにする機能です。

家中の端末のMACアドレスをあらかじめ登録してから、「使用する」に切り替えるのがおすすめです。

(3) ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)

ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)のON/OFF

トップページ > 無線LAN設定 > 無線LAN設定

ネットワークを探していると、自宅のルータのSSID以外にも他のご家庭のSSIDが表示されています。

逆にあなたのご家庭のSSIDも表示されてしまっていて、パスワードさえわかってしまえば、ネットワークに接続できる状態になっています。

そのSSIDを隠してしまう機能です。

普通に生活していたら、パスワードを入力されて侵入されることはないと思いますが、念の為設定しておくと良いと思います。

SSIDが表示されなくなって、SSIDがわからなくなってしまったら、ルータを見ましょう。

SSIDは通常、ルータに記載されていますので、端末をはじめてWi-Fiに接続するときはSSIDを手入力します。

一度入力すれば、次からはWi-Fiの範囲に入った時に自動で接続されます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。