【Mac/Windows】 画像を無劣化(無圧縮)でPDFに変換する無料ソフト

2019-09-15

【Mac/Windows】 画像を無劣化(無圧縮)でPDFに変換する無料ソフト

画像を劣化(再圧縮)させることなくPDFに変換したい時に、オススメの無料ソフトをご紹介します。

MacとWindowsそれぞれの手順と便利な機能の設定方法も載せています。

【Macの場合①】 プレビュー(.app)

Macの既存のプレビュー機能を使用する方法です。

写真ライブラリ以外のファイルをPDFに変換したい場合はこちらの手順で実施します。

PDF化手順

1
PDFにしたい画像を(複数)選択します。
2
「右クリック」 > 「このアプリケーションで開く」 > 「プレビュー.app」の順でクリックします。
3
プレビューが開いたら、「command + A」キーで全ての画像を選択します。
4
メニューバーの 「ファイル」 > 「プリント…」の順でクリックします。
5
印刷プレビューが表示されますので、左下の「PDF」というプルダウンをクリックして、「PDFに保存」をクリックします。
6
PDF設定画面が表示されますので、PDFファイル名、保存場所、PDFタイトル、作者名などを入力し、保存をクリックするとPDF作成完了です。

【Macの場合②】 写真(.app)のプリント機能

写真(.app)のプリント機能を使用する方法です。

写真ライブラリ内の画像ファイルをPDFに変換したい場合はこちらの手順で実施します。

PDF化手順

1
PDFに変換したい画像を(複数)選択します。
2
メニューバーの 「ファイル」 > 「プリント…」の順でクリックします。
3
印刷の詳細画面が表示されますので、「フィット(画像がページいっぱい)」や「カスタム(両開き、サイズ微調整)」などのレイアウトを設定し、プリントをクリックします。
5
印刷プレビューが表示されますので、左下の「PDF」というプルダウンをクリックして、「PDFに保存」をクリックします。
6
PDF設定画面が表示されますので、PDFファイル名、保存場所、PDFタイトル、作者名などを入力し、保存をクリックするとPDF作成完了です。

【Windowsの場合】 画像梱包

画像梱包をこちらからダウンロードします。


画像梱包

画像梱包はインストール不要で、exeファイルをダブルクリックすると起動します。

注意点としては、jpgファイルが対象なことです。

(png画像ファイルが含まれているとPDF内のページが真っ白になってしまいます。)

PDF化手順

1
画像梱包が起動したら、作成するPDFの設定を変更します。
2
PDFに変換したいファイルをフォルダに入れ、フォルダを画像梱包の画面にドラッグ&ドロップします。
3
するとPDFファイル名を聞かれるので、入力し「OK」をクリックします。
4
変換作業が開始し、進捗バーがいっぱいになればPDF完了です。

各項目のオススメの設定

表示 : 全体表示

形式 : 単一ページ

画像梱包の設定は、画像梱包を閉じると消えてしまいます。

開くたびに毎回設定するのは大変なので、設定を保存できるようにしておきましょう。

設定方法

1
pic2pdf.exeファイルと同じフォルダに、空の「pic2pdf.ini」ファイルを作成します。
2
iniファイルの作り方:新規テキストファイルを作り、「新規テキストファイル.txt」の部分全体を選択し、「pic2pdf.ini」に変更します。
3
拡張子が出ていない場合は、メニューバーの表示 → ファイル名拡張子にチェックを入れます。
4
画像梱包を開き、メニューバーの「ファイル」 > 「条件保存」 をクリックすると設定を保存しておくことができます。

iniファイルは、消さないようにしましょう。

pngからjpgに一括変換したい場合

(準備中)
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。