【心理】相手を許せない時に許す4つの方法|これであなたも許せるようになる

2019-08-19

許せないときに許す方法

【心理】誰か(相手)を許せない時に許すには?

一般的に、人は誰かのことを絶対に許せないと思ったら、いつまでも許せないものですよね。(人間だもの)

その感情は100%良くないものです。ドス黒い感情とでもいうのでしょうか。

人を許す事ができるのか?その方法と実践してみた結果を書きます。

これであなたも、許せないと思っていた相手を許せるようになるかもしれません。

また、過去に嫌なことをされた経験がある場合、その相手を許すことによって、自分を癒す事ができるかもしれません。

前提条件と例外

わたしは、誰かのことをずっと許さなかったり、排除したりすることは、基本的には空間を歪ませるレベルでよくないことだと思っています。(犯罪は別として)

相手とは、わかり合わなくても良いです。

おそらく、わかり合うのは無理です。

でも、だからといって、相手の言い分にきちんと耳を傾けないと悲劇が生まれることもあります。

ただ、例外もあります。

以下に挙げる人々です。

モンスター化した人に要注意

相手がすでにモンスター化していると厳しいです。

ここでいうモンスターとは暴力的な人格を持っている人です。

彼らは、もちろん、モンスターではない一面も持っていたりするんですが、狂暴化した彼らと渡り合うには、FBIが使うような高度な交渉術が必要がかもしれません。

大げさかもしれないですけど、手を出してくる可能性があるからです。

一つ言えることは、彼らとは感情的に話をしてはいけないということです。

気まぐれな人に要注意

相手が、気まぐれな人だった場合は、かなり神経を使うと思います。

気分の良い時と悪い時の差が激しいのです。

彼らが、ネガティブなことを言っているときは気にしないようにしたいです。

気にするなと言っても、慣れる必要がありますね。

彼らの中には気まぐれで、気分が落ち込んだ時に、「生きてても何もいい事がない」とか「早くお迎えが来ないかな」とか言ってしまう人がいます。

その言葉を聞いたときに、決して、この人をなんとかしてあげないと、と自分が悩まないようにしてください。

気まぐれとは、一種の症状で、どうしてもマイナスな気持ちになり、マイナスな言葉を言ってしまうようなのです。

「うん。うん。」と受け流すか、聞こえなかったふりをする、それで十分です。

気分の波が変わるのを待ちましょう。

誰かを許せない時に許す4つの方法

誰かを許せない時に許す方法をいくつか紹介していきます。

実際にわたしが普段から実践している方法ですが、万人には当てはまらないと思っています。

参考程度に受け取っていただけたら嬉しいです。

【★☆☆☆☆】相手をやり込める想像をする

相手をやり込める想像をする方法です。

相手をやり込める想像をした瞬間はスカッとしますが、あまり長続きしません。

少し時間が経つと、怒りがぶり返してきます。

よって、あまり効果が高いとは言えません。

【★★☆☆☆】時間が解決する

時間が経って、自分の怒りのボルテージが下がってきて、相手を許せるようになることがあります。

相手が変わっていなければまた逆戻り、人を変えることは難しいです。

ただ、相手の意識に届くように、時々(優しく)タネをまいてみるのは良いかもしれません。

余裕があればやってみましょう。

時だけが知っているんですね。Who knows? Only time.

【★★★★☆】相手の良いところを見る

人は誰かの悪いところにどうしても目がいきがちです。

残念ながら、良いところばかりの人なんてほとんどいません。

なので、相手の良いところを素直に良いなと思ったり、面白いと思ったところを、「それめちゃくちゃ面白いね」と言ってみます。

自分と(相手にも)刷り込む方法です。

自分の見る目を変えることで、相手を許せるようになるのではないか、という考え方です。

【★★★★★】相手を自分の子供だと思う

相手を自分の子供だと思う方法です。

ペット(家族)でも良いです。

犬猫うさぎハムや他の動物、家族だと思う。(ヨン様論)

実際には子供じゃないんですが、「相手は自分の子供だから許そう」と頭で思ってみます。

実は、これが一番効果があるかなと思っています。

自分の気持ちを塗り替えるのです。(刷り込み)

相手を子供だと思ったらさらに怒りが増してくる人は、可愛いペットだと思うようにします。

相手が自分より上の立場だったり、対等だと思っていると許せないが、そういう立場ではない人だと思うようにすると許せるのではないか、という考え方です。

街で嫌な事が会った時の経験も、その相手を自分の子供やペットだと思う事ができると、だんだんと怒りが和らいでくる、そんな感覚を覚えました。

以上、誰かを許せない時に許す方法でした。

人のことは簡単には変えられないけれど、自分を変えることは、自分の力でできます。

あなたも無理のない範囲でやってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。